ひわみの遊技施設

アクセスカウンタ

zoom RSS 第二回たけきの藩国慰安旅行 第二部:ごちそうさまでした 後半

<<   作成日時 : 2007/12/11 22:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ひわみ : たけきのこさん、来られるそうです。よろしくお願いします

お知らせ : たけきのこさんが来ました。

たけきのこ : すみませんすみません、情けなくも今から参加させてください…

志水高末 : (砂神に買ってきてもらった物を着て「大須っ 第2ラウンドだっ    って、あれ」

砂神時雨 : 「うわー拙者も飲むでござる…って藩王様!?」

たけきのこ : 「みぃたんから呼ばれてきたんだけど…えーとえーと」

ひわみ : (電話切って)「藩王様が来られるそうで……って、もう来た」

ひわみ : 「ヤガミはどちらのほうに行きましたか?」

大正:「ヤガミさんなら、たけきのこさんを探しに行きましたよ」

たけきのこ : と、とりあえず探しにいくことはできますか?>芝村さん

芝村 : OK>たけきのこ

たけきのこ : 「すみません、どっちのほうに行きました?」>金さん

大正:「あちらに」>図書館

ひわみ : 「行ってらっしゃい、藩王様。でも、みぃたんって呼ばないでくださいw」

たけきのこ : (酒盛りはこの際無視)「ありがとうございます、大正さん」で図書館の方に行きます

二郎真君 : 「あー、姫。ヤガミの言動にふりまわされないように。しょせんヤツはヤガミですから」

志水高末 : 「あれ、藩王どこに・・・」(廊下を行くたけきのこに声をかける

たけきのこ : 「二郎さんありがとうー。(摂政はシカト。)」

砂神時雨 : 「大正殿は飲まないでござるか?」(ノギ殿のお酌をする)

TAKA : 「みなさ〜ん、それではよろしくて・・・かんぱ〜い(笑」

志水高末 : 「あ、乾杯ですね」(藩王スルーで扉を開ける

志水高末 : 「かんぱーい」

砂神時雨 : 「かんぱーい!でござる」

月光ほろほろ : 「カンパ――――ぃ!」

でいだらのっぽ : 「またんかーい、服を着ろ!」>摂政

志水高末 : 「大須に破壊された!!」>服

でいだらのっぽ : 「カンパーイw」

ひわみ : 何か色々怖いので廊下に出て見張りしてますw

芝村 : ノギは倒れている可憐な雷蔵を見て、ごくりと喉を鳴らした。

二郎真君 : 「とめろー!」

TAKA : 「ノギさん・・・まさか!」

ていわい : 「やめれー!」

志水高末 : 「時雨、止めろっ」

砂神時雨 : 「…ノギ少将。それは流石にアレでござる。実に拙者が言うのも何でござるが」

ていわい : 「確かに説得力ねぇな」w

志水高末 : 「抱きついて止めろ、ちゅーして止めろっ」

月光ほろほろ : 「ノギさん、器空いてるぜっと」(とくとくとくとく

でいだらのっぽ : 「ナイス、月光さんw」

二郎真君 : 「砂神!可愛く笑え!微笑め!!たぶらかせ!!!」

砂神時雨 : 「拙者で我慢するでござるノギ少将!(笑ってみる)」

志水高末 : 「行け!そこだ!! そこで押せっ時雨!!」

大須 風太郎 : 「ノ、ノギさんといえど・・茨城は渡さん・・・・いや、オレのものでもないのだけど、渡さない!(酔」

砂神時雨 : 「そうでござる!雷蔵殿にノギ少将は渡さないでござる!(マテ」

志水高末 : (大須さんの声マネで「雷蔵は俺のものだ!!」

ノギ:「いや、なんというか、孫くらいの年なのにな。いかんいかん」

月光ほろほろ : 「砂神、もっとノギさんに寄っとけ、な?」(背中を押した。本人は酒臭い

砂神時雨 : (ノギ少将の隣に座る)

大須 風太郎 : 「だから、オレのものじゃないって・・・・・・・うん、今はオレのものじゃないな。ならオレのもんにしちゃえばいいんだ、うん(かなり酔ってる」

砂神時雨 : 「そうでござるよ大須殿!いつか自分のものにする為に努力を続け!自分を磨くのでござる!いつか惚れられるように!」

ひわみ : 廊下で見張りしながら「今、ここ見られたらまた警察呼ばれかねないな……」

でいだらのっぽ : 「摂政はジャージでもなんでも着てから参加ー」(といいながら廊下にひきずりだします

志水高末 : 「わかった、着る、着るよ  あれ、ひわみん何してるんだ?」

志水高末 : 「中は入ろうぜー」(ひわみさんを引きずって入室

たけきのこ : (摂政自重www

でいだらのっぽ : 「ひわみさんも飲まないとー、ついていけなくなりますよ?」

ひわみ : 「止めろー、誰かが見張ってないと危険な気がするんだー!」(引きずられながら

月光ほろほろ : 「ひわみ、ヤガミ先生のことは藩王に任せようぜ?」(二人を教室へ引き戻す)

ひわみ : 「違うー、見張ってなきゃいけないのはこっちのほうだー!」>月光さん

志水高末 : 「はははー 飲めばいいのさ飲めばっ マスター(ノギさん)彼に酒をっ」

でいだらのっぽ : 「さてさて、未成年の方にはお茶を用意ですかね」

TAKA : 「小声で、せっしょ、せっしょ、スイトピーさんと喋るチャンスとちがう?」

志水高末 : 「そうだ、ピー様どこー!?」(教室徘徊

/*/

芝村 : 図書館にはヤガミがいる。一人本を読んでいる。

たけきのこ : 「えっと、あの」>ヤガミ (うわーん、気まずい…

ヤガミ:「どうした?」>たけきのこを見ずに言った。

たけきのこ : 「あの、ごめんなさい。言い争いして最後拒否されて、合わせる顔なくて。」>ヤガミ

ヤガミ:「キスすると、お前にあえなくなる。今年は」

たけきのこ : 「キスするとだめなんですか?」>ヤガミ

ヤガミ:「お前は知らないかも知れないが。補修枠というのがある」>たけきのこ ヤガミはでも、傷ついた顔だ。

たけきのこ : 「だからって、私嫌われたままは嫌です。」>ヤガミ

芝村 : ヤガミは立ち上がってたけきのこにキスした。

たけきのこ : ぶふぅ

ヤガミ:「これで、今年最後だな。残念だ」

たけきのこ : 「じゃあ来年もっといっぱい会いにきます。それじゃだめですか?」>ヤガミ

ヤガミ:「……そうだな。俺は少し、よくばりすぎたかもしれない」

たけきのこ : 「というか遠まわしすぎます。それすっごい勘違いして、嫌われたと思ってネガティブスパイラル…」

芝村 : ヤガミはため息をついたあと、たけきのこを抱きしめた。

たけきのこ : えーと、あーえーうー、抱きしめかえします>ヤガミ

たけきのこ : (なんという公開処刑。

ヤガミ:「いわれなければわからないのは、お前の悪い癖だ」

たけきのこ : 「ううう、あまり言わないというか違うこと言う方のも悪い癖だと思います…」>ヤガミ

/*/

スイトピー:(盗聴器をききながら)「うわー」

たけきのこ : ちょ、ピー様ああああああ

二郎真君 : (おめでとー

TAKA : 「ぶほ、盗聴かい(笑」

でいだらのっぽ : (いつ盗聴器をw

志水高末 : 「ピー様ー?」(掃除道具入れを覗いている

砂神時雨 : 「拙者も火星の海にいくでござる――――!ってスイトピー殿?」

大須 風太郎 : 「よーし!!漢を磨くため、いざゆかん、れむーりあああああああ」

月光ほろほろ : 「いざいかん、漢だけが住むという大陸レムーリア!!」(楽しくなってきている)

二郎真君 : カオス満載だ。「私はコノヒトたちとカンケイアリマセン」な顔をして席を離れよう。

志水高末 : 「漢・・・?  漢盛り?」(フラフラ

志水高末 : 「月光!! 行くぞっ」(ぇ

月光ほろほろ : 「漢盛り…それは、脱げと言うことか…おぉ!志水!」

でいだらのっぽ : 「脱いだらほうり出す」(目が座ってるw

志水高末 : 「ゴメンナサイ」>のっぽさんにスライディング土下座

月光ほろほろ : 「ゴメンナサイ」>のっぽさんにスライディング土下座 ×2

でいだらのっぽ : 「若い女の子もいるんだから、やるんなら大人ばかりの時じゃないと…」(説教

二郎真君 : 「小笠原の海はキレイダナー。」(韜晦)

ひわみ : 「だ、誰か、素面の人は居ないのか……」

ていわい : 「ひわみさん。俺シラフですよー」

砂神時雨 : 「ひわみ殿。そんな無理な事言ったらダメでござるよ(真顔)」>素面

ひわみ : 「砂神さん、この前飲み会で痛い目見たこと忘れてませんか?w」

砂神時雨 : 「…大丈夫!未成年いないし!バロ様来ないよ!多分!(小声)」>この前の飲み会

でいだらのっぽ : (ピー様未成年じゃないか?w>時雨さん

砂神時雨 : (なんてこったwでもほら、スイトピー殿飲んでないしwww

二郎真君 : 「・・・金さんはこういう場は苦手ですか?」と金さんに近づきたいです。

でいだらのっぽ : 「大正さんもどうですか?飲んでます?」(酔い始めてる

月光ほろほろ : 「ほら、金さんも飲んで…目上の人間がいないから、飲んでも平気ですよね?」

TAKA : 「金さん、わたし龍の使いってアイドレス着ているんですよ」と話しかける

大須 風太郎 : 「しかし、こうも強くて可憐な美少年の相方になるにはもっと修行せねば・・・金さん!オレに仁王剣の使い方教えてくれ!」

砂神時雨 : 「拙者ももっと強くなって、みんなを守りたいでござるー修行ー」

でいだらのっぽ : 「そうだ、修行だ修行、強くならんとな」

月光ほろほろ : 「飲み会でも、結論は『好きな人のために強くなろう』か。つくづくウチの藩国は前向きだな」

ひわみ : 這って廊下に逃れようとしますw

芝村 : スイトピーは可愛い寝息の雷蔵を見ている。

スイトピー:「むーん」

砂神時雨 : 「どうしたでござるか、スイトピー殿」

志水高末 : 「あ、ピー様だ。 ピー様ー」(のっぽさんに羽交い絞めにされる

大須 風太郎 : スイトピーの近くで一緒に茨城をみる「むーん」

TAKA : (むずむず、雷蔵の寝顔に落書きしたくなってきた(笑)

志水高末 : (のっぽさんを振り切り、ピー様の真剣な横顔を覗き見る「可憐だ・・・」

砂神時雨 : 「雷蔵殿がどうしたでござるか?かわゆい寝顔でござるねー。拙者の寝顔もコレくらい可愛ければ…(以下自主規制」

大須 風太郎 : 「(かわいすぎる・・・ちゅーはダメとして、抱きつくくらいは・・・せめて添い寝とか・・・)」

志水高末 : (ピー様可愛いなー(ぽー

芝村 : スイトピーは雷蔵の半ズボンの裾をめくってる。

砂神時雨 : 「…何か素敵なものが見えますか?」>スイトピー殿

ていわい : 「買Xイトピーさんなにしてるですかー!」

ひわみ : なにやっとるんじゃ、スイートピーさんw

でいだらのっぽ : (何やってんだw>ピー様

大須 風太郎 : 「スイトピーーーーーー!!!きさまあああああああなんてグッッジョブ!!!」(錯乱の域

志水高末 : (ピー様可愛いなー(ぁ

芝村 : 雷蔵はスイトピーを蹴った。

芝村 : スイトピーは窓の外へ落ちた。

志水高末 : 「ピーさまあああああああああああ!!」(窓の下へと飛び降りる

砂神時雨 : 「摂政殿!!回収!!窓の外!!外!」

ていわい : 「狽ソょ、雷蔵なにしてるですかー!」

でいだらのっぽ : 「おお、スイトピーさんが空を飛んでる」w

砂神時雨 : 「ナイスキック…(窓の外を見る)

大須 風太郎 : 「うーむ、可愛い顔して力強いな・・・ますますイイ!」

志水高末 : 「ピー様っ しっかり、しっかりっ」

月光ほろほろ : 「人の恋路を邪魔するヤツは、馬に蹴られてセントラルだな!」(酔っている為、意味不明)

大須 風太郎 : 「・・・・窓の外まで飛ぶ代わりに、茨城のふとももか・・・たしかにいい取引かもしれん」

志水高末 : 「(はっ ここは人工呼吸か? 人工呼吸なのか?)」(グルグル

砂神時雨 : 「(摂政ファイト★)」

志水高末 : (ぐるぐるぐるぐる「あー、なんかもうどうでもよく・・・」

砂神時雨 : 「ちゃんと大事に運ぶでござるよー」(摂政に手を振る

志水高末 : 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・保健室運ぶか」(ふと素面に戻り、スイトピーをお姫様抱っこで保健室に運ぶ

でいだらのっぽ : (理性が勝ったw>摂政

月光ほろほろ : 「大丈夫だって、志水。達人は蹴り方にも手加減がきてるんだよ!」(下に向かって声をかける

ていわい : (窓からせっしょーの行動を見ていたが、ほっと一息)

志水高末 : 「(待てよ? ここで駆け落ちとか)」(ぁ

ていわい : 「むっ」(立ち止まったせっしょーを見て、もう一度監視モード)

志水高末 : 「(いやまて、待て俺っ)」(上から見ると、立ち止まってめちゃめちゃ悩んでいる

志水高末 : 「ほ、保健室連れて行こう・・・」

ていわい : (ほっと一息)

ひわみ : 廊下に逃れて、また見張り再開w

芝村 : 雷蔵は寝ている。

TAKA : 「ギャグの嵐が吹き荒れている(笑」

芝村 : ノギはあたまをかいたあと、俺も蹴られるかと言った。

砂神時雨 : 「なんで!?何ででござるノギ少将!」>蹴られる

月光ほろほろ : 「ノギさん…なんて律儀な。大丈夫です。蹴られたりしませんよ」

砂神時雨 : 「大丈夫でござる。ノギ少将が蹴られたら拙者頑張って保健室までお姫様抱っこで運ぶでござる(笑)」

志水高末 : (そして俺の仲間入り>砂神さん

芝村 : ノギは雷蔵を抱いて、保健室に連れて行った。

砂神時雨 : 「ノギ少将!拙者もいくでござるー」(トコトコ付いてゆく)

TAKA : 「すわ、雷蔵の貞操の危機かも・・・」

ひわみ : 「いってらっしゃい」(廊下でお見送り)>保健室に連れて行った

大須 風太郎 : 「しまったオレもお姫様だっこできるチャンスだったじゃないか!!」

砂神時雨 : (勿体無いw>大須殿

ひわみ : そこは砂神さん、「しまった拙者もお姫様されるチャンスだったじゃないか!!」 と言わんとw

大須 風太郎 : 「というか、まず保健室に連れて行くべきだよな・・・・」(ヘコみながら、保健室に走る

月光ほろほろ : 「…ん?保健室で2次会か?」(ついていく)

砂神時雨 : 「摂政殿はちゃんとスイトピー殿運んでるでござるかねー」(トコトコ)

志水高末 : (保健室のベッドの前で悩んでいる「(がんばれ、俺の理性)」

TAKA : (頑張れ摂政の理性と祈っている(笑

志水高末 : 「(がんばれ俺の理性っ)」(カーテンを静かに閉め、退出

志水高末 : (保健室の前で体育座りし、遠くを見つめている

大須 風太郎 : (保健室の前で体育座り)「・・・何か記憶が曖昧だが、すごい変態的な行動にでてなかったか?」

ひわみ : 「流石にもう、誰も来ないか」(廊下を見回す)

でいだらのっぽ : (大正さんは飲んでるのかなあw

大正:「そろそろ昼休みもおわりですね。後片付けしましょうか」

ていわい : 「そうですね。片づけましょう」

TAKA : 「後片付けしましょう」

でいだらのっぽ : 「あー、大分散らかりましたねー」(片付けます

ひわみ : 「ゴミ袋貰って来ます」>片付け

でいだらのっぽ : (窓割れてんじゃねえかひょっとして…

TAKA : (辺りに散らかったごみを片付ける

月光ほろほろ : 「お、おぉ。金さん。(ひっく)後片付けだな…任してくれ」(ふらふら)

二郎真君 : 「了解です。すみません金さん。                               ・・・・おかしな藩で・・・・」

大正:「いえ。でも」

大正:「よいところですよ」

砂神時雨 : (すげぇ大正殿いい人だw

ひわみ : 金さんの発言に涙

ていわい : 金さんの発言に涙2

月光ほろほろ : (もらい泣き)

二郎真君 : 「救われます、その言葉。今後ともよろしくお願いします。」

AKA : 「そういっていただけてもらえるとうれしいです」

でいだらのっぽ : 「まあ、なにかと言っちゃあ酒盛りですがね」w

/*/

終了後のログはこちらです。

http://hiwami.at.webry.info/200712/article_5.html

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
第二回たけきの藩国慰安旅行 第二部:ごちそうさまでした 後半 ひわみの遊技施設/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる