ひわみの遊技施設

アクセスカウンタ

zoom RSS タケモンレーシングルール

<<   作成日時 : 2008/04/19 11:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

このゲームは図鑑に登録したモンスターを使用したレースゲームです。

図鑑の中から自分の使用するモンスターを選び一番いタイムでゴールしたモンスターの勝ちになります。

・基本ルール
コースは4つのエリアに分かれています。
エリアごとに3つの能力判定を行い、その結果によって各エリアのタイムが決まります。
判定自体はタケモンダンジョンと同じルールです。
属性ルールも同じで、エリアごとに属性がありそれによって有利、不利の影響を受けます。
光と闇だけは特殊で、モンスターが光でダンジョンが闇の時もその逆の時も、一回目の判定には+10%、三回目の判定には−10%の修正を受けます。
そして、最後に各エリアのタイムを合計したもので最終的なタイムが決まりそれによって順位が決定します。
同タイムが複数居た場合は1D10を振りそれを十分の一の位の数値とします。
つまり、1D10で小さい数を出したほうの勝ちです。
それも、同じならさらに1D10で百分の一の数値を、それも同じなら……と続き、差が出るまで1D10を振ります。
ちなみに、各エリアの判定で3回全部失敗した場合はリタイアとなりそれまででどれだけ良いタイムを出していても失格になります。

・装備アイテム
参加者は一つ特殊な装備をもって参加できます。
アイテムはそのアイテムの番号と何処のエリアで使うかを記入していただきます。
アイテムによっては使用できない(使用しても意味が無い)エリアもありますので注意してください。
ちなみに、アイテムの名前や見た目や設定などは、性能、アイテム番号以外自由に変えてもかまいません。

・アイテム一覧
1:ブースタードリンク
使用したエリアでは、1番目の判定に+20%、2番目の判定に+10%、3番目の判定に−10%の修正が入ります。
2:ミサイルアタック
使用したエリアの順位で自分の前にいた人のすべての判定に−20%の修正を与えます。
もし、自分の前の順位に複数居た場合はミサイルが当たる人はランダムで決まります。
使用エリアで自分が一位だった場合は無駄撃ちになります。
第1エリアでは順位に差が無いので使用しても意味がありません。
3:スリップオイル
使用したエリアで自分よりも順位が後の人、ランダムで3人にすべての判定に−10%の修正を与えます。
もし、最下位だった場合は無駄になります。
やはり、第1エリアでは使用する意味がありません。
4:スーパー体当たり
使用したターンに追い抜いた人全員に体当たりを行い次のエリアのすべての判定に−10%の修正を与えます。
当然追い抜けない第1エリアと追い抜いた時点で終わっている最終エリアでの使用は意味がありません。
あくまで体当たりが成功した時の効果なので一台も追い抜けなかったら、無駄になります。
5:バリア発生装置
他者からアイテムを使用されたときに自動で発動します。
発動したエリアでは完全に他者からのアイテムの効果は受け付けなくなります。
つまり、発動したエリアで複数のアイテムの攻撃を受けたとしても、すべて無効化できます。
これは使用エリアを指定しなくてかまいません。
6:ニンジャアーム
使用したエリアで順位で自分の前にいた人の装備したアイテムを奪い取ります。
もし、自分の前の順位に複数居た場合、奪う対象はランダムで決まります。
第1エリアでは使用できませんし、最終エリアでは奪ったアイテムを使えない可能性があります。
さらに、使用エリアで自分が一位だった場合は無駄撃ちになりますし、ニンジャアームの使用前に対象がアイテムを使用した場合は何も盗れません(同一ターンならば使用前に奪えます)。
あと、バリア発生装置はこのニンジャアームの効果もブロックするので奪うことは出来ません。
ちなみに、奪ったアイテムの使用タイミングは奪ったターンになります。

・エントリー方法
エントリーは名前(モンスター名ではなく固体名)と設定以外はモンスター図鑑のデータを丸写しでOKです。
生息地は含めなくて大丈夫です(別に消し忘れても問題ありません)。
設定の部分には参加者、もしくは参加モンスターのロールもあったらどうぞ。

エントリーのフォーマットは、

名前:(モンスターの固体名です)
モンスター名:(タケモン図鑑に登録されているモンスター名そのまま移してください)
能力:体格:筋力:耐久力:外見:敏捷:器用:感覚:知識:幸運:(基本的にタケモン図鑑の能力をそのまま移してください)
属性:(モンスターの属性をそのまま移してください)
アイテム:(アイテム番号もしくはアイテム名。アイテム名を変更したときには番号は必須です):(使用ターン、バリア発生装置は使用ターンの記入は必要ありません)
設定:(こちらはタケモン図鑑の設定ではなく、そのモンスター自体の設定をどうぞ
エントリー者のロールなどもこちらにどうぞ)

下はエントリー例です。

名前:スクラプ
モンスター名:サイゴース
能力:体格:3筋力:3耐久力:3外見:−2敏捷:−1器用:−1感覚:2知識:0幸運:−2
属性:金:闇
アイテム:4:3
設定:なんか車っぽい機械に取り付いたサイゴース。
巨体で周りを跳ね飛ばしながら突き進む。

・レース開催側のルール
エリアそれぞれの難易度は3です。
ランダムで決める場合は体格から幸運までを1から9に当てはめ1D10を3回振ってそのエリアの判定に使用する能力決めます(10は振りなおしで)。
その後、1つ目の判定を1、2、2つ目の判定を3、4、3目の判定を5、6とし、難易度分だけ1D6を振ります。
属性は1D10をふり1〜7ならそれぞれ木・火・土・金・水・闇・光の属性となり、8〜10のときは無属性となります。
タイムは、
3回成功:5+1D6
2回成功:12+1D6
1回成功:17+1D6
で、エリアごとに決定します。
最終エリア以外はいくつかの判定に必要な能力を数値を公開しておいても良いと思います。
たとえば、第一エリアでは2つ、第二、第三エリアでは1つをこうかいするなど。
それと、参加者数が多い場合はコースを分割するのも良いかもしれません。
たとえば、スタートは一緒で、第二エリアは4つから選択、第三エリアは2つから選択、そして、最終エリアで全員合流するなど。
その場合は、コースの選択もエントリーフォーマットに加える必要があります。

・エリア作成例
ランダムで作る場合ですが、まず1D10を3回ふり使用する能力を決定します。
6、1、9が出ましたので、使用する難易度は器用、体格、幸運となります。
次に1D6を難易度分(3回)ふります。
5、2、6となりましたので、器用:1:体格:0:幸運:2となります。
次に属性を決定します。
1D10をふり8でしたので、このエリアは無属性になります。
最後に、エリアのタイムを決定します。
3回成功は1D6で5が出たので、5+5で10。
2回成功は1D6で3が出たので、12+3で15。
1回成功は1D6で4が出たので、17+4で21。
これで、このエリアは、

要求能力:器用:1:体格:0:幸運:2:属性:無
タイム:3回成功:10:2回成功:15:3回成功:21

となりました。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
タケモンレーシングルール ひわみの遊技施設/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる